超簡単に分かる音符の長さの話〜その3〜

超簡単に分かる音符の長さの話〜その3〜

こちらは「超簡単に分かる音符の長さの話〜その1〜」「超簡単に分かる音符の長さの話〜その2〜」の続編になります。

〜その2〜では、音符の説明をさせて頂きました。こちらでは、その音符に付く記号についてと、譜面を読むための練習法をご説明させていただきます!

点で長さが伸びる!?付点を知ろう

皆さんは、音符の横に、点がついているのを見たことがありますか?
小さい点ですが、それがつくことによって、音の長さが変わります!
ここからは、その点についてご説明したいと思います!

付点音符

 

これは付点(ふてん)と言います。
意味は、「付点がついている音符の長さ+付点がついている音符の半分の長さをのばす」です。
付点自体に長さがあるわけではなく、ついている音符によって、のばす長さが変わるということなのです!
付点がついている音符のことは、音符名の前に“付点”という言葉がついて呼ばれます。

【付点四分音符(ふてんしぶおんぷ)】

付点四分音符
四分音符は1拍の長さの音符なので、1拍+半拍の長さということになります。
四分音符+八分音符(をタイでつなげた)の長さということです。

つまり、

付点四分音符長さ

これと同じ分だけ音を伸ばすということです!

 

【付点八分音符(ふてんはちぶおんぷ)】

付点八分音符
八分音符は半拍の長さなので、半拍+1/4拍ということになります。
つまり、八分音符+十六分音符(をタイでつなげた)の長さというわけです。
付点八分音符長さ

これと同じ長さを伸ばすということですね。

 

このように、音符の半分の長さの音を追加してのばす、というのが付点の役割です。これは、どの音符にもつけることができ、どの音符にも同じ意味として用いられます。

 

また、“複付点音符(ふくふてんおんぷ)”というものも存在します。
複付点四分音符
これは、“音符の長さ+付点分の長さ+付点分の半分の長さ”を伸ばすという記号です。
つまり四分音符でしたら、四分音符+八分音符+十六分音符(をタイでつなげた)の長さを伸ばす、ということです。
複付点四分音符長さ

これと同じ長さということですね。

 

よく、複付点四分音符を見ると、四分音符+十六分音符ん長さだと勘違いしてしまう方がいます。そうではないので気をつけましょう!

 

こうやって練習するといいかも?

ここまでで、一通りの音符の話はおしまいです。

「え?終わり!?意味はなんとなく分かったけど…これじゃあ全然読めるようになってないよ!」
そんな方のために、ちょっとした練習法をご紹介します。

皆さんはメトロノームを持っていますか?
手動のものから電子的なものまで、今はたくさんの種類があります。最近はメトロノームの携帯アプリなんかも出ていますので、ぜひ1つ持っておくことをおすすめします!
メトロノームは、「拍子設定(ひょうしせってい)」ができると思います。
例えば、4/4拍子でしたら4拍子、3/4拍子でしたら3拍子。分数の分子の部分が拍子となるわけですが、それに合わせて拍子を設定することで、1小節が終わるごとに、メトロノームの音が変わります。つまり、その小節の終わりを音で知らせてくれる設定なのです。

そして、その拍子設定を練習したい譜面の拍子に合わせて、音符のリズムを歌ってみて下さい。
小節の中の音をメトロノームの合図と同時に終わらせることができたでしょうか?
余ってしまったり、逆に飛び出てしまったり、そういう時は、きっと譜読み(譜面の読み方)が間違ってしまっています。
音符の長さを今一度考えなおしてみましょう。

楽器の場合は特に、“その譜面歌うことができるか”ということが、一つのキーポイントになったりします。

どうしてなのか、歌うことができない譜面は、楽器で弾くこともできないんですよね。

メトロノームに合わせて歌うことによって、リズム感をつけることにもつながります。
ぜひ、試してみて下さいね!

 

まとめ

いかがでしたか?
文章で説明しようとすると、どうしても分かりにくいところが出てきてしまうので、きっとこれを読んでも「はあ?」となっている方もいるかもしれません…ごめんなさい!
「一生懸命解読しようとしても、どうしても分からない…」そんな方は、その楽譜を演奏しているCDを聞いてみましょう。大勢で演奏しているものも、その中から自分のパートの音を聞き探してみてください。そしてそのリズムを聞いて、「この音符の場合はこういう風に演奏するんだ!」と理解してみて下さい。それだけでもとても良い勉強になると思います♪
音楽はとっても楽しいものなので、楽譜が読めないという理由で、どうか辞めてしまうことがないよう、筆者なりに応援させて頂きました。
この説明がお役に立てたら嬉しいです!

この記事がお役に立ったら
いいね ! を何卒お願いします!

Twitter で