「コンコーネ」でボイトレ”和音の中から音を見つけよう”

「コンコーネ」でボイトレ”和音の中から音を見つけよう”

コンコーネは声楽をはじめようとした方は必ずと言ってよいほど、練習するエチュードの作曲家の名前です。日本ではそのエチュードを作曲者名の「コンコーネ」と呼んでいます。このエチュードは、初めの方は比較的取り組みやすく、声楽をはじめる人も、ボーカルをはじめる人もどちらにも有効なものです。そこで前回から1曲ずつ楽曲分析をして、それに対応する演奏上の注意点を解説しています。今回は2番を見ていきましょう。

◆コンコーネ50の練習曲第2番

コンコーネは死後50年を経過しているため、パブリックドメインとして一般に楽譜が配布されています。IMSLPというサイトからすべての曲をダウンロードすることができます。ウェブ上ではどうしても見にくくなってしまうので、練習するためには、必ず印刷するようにしましょう。

◆コンコーネの練習方法

基本的にはコンコーネは以下のように練習します。

  1. ドレミ(音名)で歌う。:これによってソルフェージュ力を高めます
  2. 母音で歌う(「あ」や「お」が多い):これによって母音による響きの違いを少なくします。
  3. 「マ」や「ナ」で歌う

以上のように、歌詞がない分自由度の高い練習ができます。何かを歌う前の声出しとして歌ってみるのもよいでしょう。

◆楽曲分析

3番はいきなり少し難しくなってきます。1番と2番で学んだことの総集編のような曲です。

  1. 一番難しいのがメロディの音をピアノの一番高い音で鳴らしてくれないこと。
  2. フレーズの終わりにアクセントがある
  3. 基本はピアノで歌うが、強弱記号が随所にある

◆演奏上の注意点

①人間はより高い音の方が耳に入りやすくなっています。しかし、この曲では、ピアノの和音の中にある音を頼りに歌わなくてはいけません。これはなかなか難しいことです。1番と2番ではほとんどの部分が、ピアノの1番上の音でガイドしてくれていたので、3番を急に歌うと、音程がとりづらいと感じるかもしれません。また、和音の中にあるばかりか、まったく音がない瞬間もあります。そのため、メロディの音をきちんと頭に入れてから歌う必要があります。歌は、伴奏がいつも音をガイドしてくれているわけではないので、この曲をきっちり歌えるようになると、心強くなります。

②思いもよらないところにアクセントがあるのもこの曲の難しいところです。アクセントだからと言って汚くならないように気をつけましょう。息を増やすというイメージで歌う方が良いでしょう。

③この曲もたくさんのクレシェンド・デクレッシェンドがあります。フレーズを表すクレシェンド・デクレッシェンドなのか、曲調をあらわすクレシェンド・デクレッシェンドなのかを見極めてみましょう。また、今回も音が上がるのにデクレシェンドの部分があります。逆に音が下がるのにクレシェンドのところもあります。その部分は特に気を付けて歌わないと、楽譜通りには聞こえません。声も高い音ほど聞こえやすいからです。加えて、同じ音の中のクレシェンド・デクレッシェンドにも気を配りましょう。声色が変わってしまったり、音程が不安定になりやすくなります。同じ音で、強弱だけ変える感覚をつかみましょう。

◆まとめ

今回まで、コンコーネ50の練習曲から1・2・3番の歌い方のコツを解説しました。今回の3番はその集大成ともいえる曲です。まずはこの3曲を楽譜通りきちんと歌えるように練習してみてください。必ず歌を歌うのが上手になっているはずですよ☆

この記事がお役に立ったら
いいね ! を何卒お願いします!

Twitter で