「コンコーネ」でボイトレ”伸ばす音の練習”

「コンコーネ」でボイトレ”伸ばす音の練習”

コンコーネは声楽をはじめようとした方は必ずと言ってよいほど、練習するエチュードの作曲家の名前です。日本ではそのエチュードを作曲者名の「コンコーネ」と呼んでいます。このエチュードは、初めの方は比較的取り組みやすく、声楽をはじめる人も、ボーカルをはじめる人もどちらにも有効なものです。そこで前回から1曲ずつ楽曲分析をして、それに対応する演奏上の注意点を解説しています。今回は2番を見ていきましょう。

◆コンコーネ50の練習曲第2番

 

コンコーネは死後50年を経過しているため、パブリックドメインとして一般に楽譜が配布されています。IMSLPというサイトからすべての曲をダウンロードすることができます。ウェブ上ではどうしても見にくくなってしまうので、練習するためには、必ず印刷するようにしましょう。

◆コンコーネの練習方法

基本的にはコンコーネは以下のように練習します。

  1. ドレミ(音名)で歌う。:これによってソルフェージュ力を高めます
  2. 母音で歌う(「あ」や「お」が多い):これによって母音による響きの違いを少なくします。
  3. 「マ」や「ナ」で歌う

以上のように、歌詞がない分自由度の高い練習ができます。何かを歌う前の声出しとして歌ってみるのもよいでしょう。

◆楽曲分析

①この曲はp(ピアノ)しか強弱記号が書かれていません。

②同じ音の中でクレシェンド・デクレシェンドが多用されています。

③多くが高い音の方がデクレシェンドの先に書かれているので、初めの音よりも高い音の方が弱く歌わなくてはなりません。

④メロディの音はすべて伴奏で弾かれています

◆演奏上の注意点

①クレシェンド・デクレシェンドはあるものの、この曲は基本的にpでできています。歌を歌う時に難しいのは、pで歌うことではないでしょうか。pでありながらも豊かな響きで歌うことを要求されます。

②また、pから始まり、同じ音の中でクレシェンド・デクレシェンドすることも要求されています。同じ音で強弱をつける場合、多くが音程が変わってしまったり、歌声が雑になったりしてしまいます。音程や響きは変えずに、強弱を変えるというのがこの曲一番の練習ポイントです。

③加えて、せっかくデクレシェンドができても次の音が、今までよりも高くなっている場合がほとんどです。1番の時に説明したように、普通に歌うと、高い音の方が強く、大きく聞こえてしまいます。この曲はそれをセーブしなくてはなりません

④しかし、音としてはメロディは常に伴奏で弾かれており、音程は取りやすいはずです。

 

◆まとめ

いかがでしたでしょうか。2番は地味な歌ですが、クレシェンド・デクレシェンドがかなり難しくなっています。しかしこれも、演奏上の注意点をよく読んで、しっかり練習すれば必ず声がよくなってきます。伴奏を弾いてもらえない環境にある人はyoutubeなどにあがっている伴奏に合わせて歌ってみるのもよいでしょう。次回はコンコーネの3番を解説していきます!

この記事がお役に立ったら
いいね ! を何卒お願いします!

Twitter で