マスターしよう!正しい指の使い方

指がスベル?! 正しい指の使い方を練習しよう! 2/2

「速い曲になると指がまわらない」
「細かい音が連続すると、長さがそろわない」

こんなお悩みを解消する方法を、「指がスベル?! 正しい指の使い方を練習しよう! 1/2」に引き続き探っていきましょう!

指を静かに動かそう!

押さえるためのキーだけど「押さない」!

フルート

たま~に、ですが。フルートを演奏すると、「カパカパカパカパッ!」という音を大きくたてている人を見掛けます。演奏よりも、このカパカパが気になってしまうのですが(タンポのメンテナンスを頻繁にしないといけないんじゃないか? とか)……
これは演奏するにあたって、すごく勿体ない吹き方(指使い)なんです。

キーを閉める音が聞こえるほど、キーを強く押さえてすぎているということだからです。

試しに、鉛筆でも何でもokですので、フルートを構えるように指で持ち、ぎゅっと力を入れて、指を動かしてみてください。指と鉛筆がパタパタと鳴るくらい、力を入れてみます。知っている曲の運指をしてみても良いでしょう。

どうでしょうか? 動かしにくくないでしょうか?
自分の指に自分でおもりを付けている。そんな感じになっているのですね。押さえるためのキーなのですが、ぎゅうぎゅう押さないようにしましょう。

 

指を脳でコントロールしよう!

指も大事だけど脳も大事

今度は、鉛筆を落とさない程度の弱い力で持ってみてください。そして、指を動かしてみましょう。

さっきよりは肩もこりませんよね! 指は本来、重たくなんて無いのです。
でも、もしかしたら、さっきとは別の問題が出てくるかもしれません。「ふわふわしすぎて、指が自由になりにくい」と感じる人が居ると思います。

そう思った人は、楽器を握りしめて演奏するクセがあります。楽器を最低限の力で持つことで、指が自由になります。その時に指がふわふわして不安定にならないようにコントロールするには、キーを押さえるだけでなく、キーから指を上げるという意識もしっかり持たなくてはいけません。
指先を脳でコントロールします。指を反射的に動かすのではなく、脳で上げ下げを命令するイメージです。

指がスベル?! 正しい指の使い方を練習しよう! 1/2」にも出てくる「空気フルート」で、これから練習していってみましょう。

 

指で形を作る

指先に気を付けて

「いま薬指を上げている」など、指を上げている意識が育ってくると、楽器をガッツリ握って吹くことがなくなります。指使い(運指)とは、押さえることでなくて、指で形を作ることだと、だんだん思えるようになります。
長い間の習慣は簡単には変えられるものではないけれど、毎日少しずつ意識していくと、いつの間にか変わっていて、気付いたら音色も良くなっているはずです。コツコツ頑張ってください!

この記事がお役に立ったら
いいね ! を何卒お願いします!

Twitter で