背景色緑の女性

いつでもどこでも練習できる! 指のトレーニング方法

学校や会社から帰宅してきて、
「今日はフルートの練習ができなかった」
「もっと練習したい!」
と思うけれど、時間帯が遅くてご近所迷惑……ということ、ありますよね。諦めて後日、に出来れば良いのですが、演奏会や発表会が近かったり、もう何日も練習できていないと、気持ちが焦ります。

そんなときに、いつでもどこででもできる練習を紹介します!

「1日練習しないと3日ヘタになる」!?

どうしよう?

久々にフルートを吹いたとき、「あれ?」ということがあります。
俗に、「1日練習しないと3日分ヘタになる」と言われています。これは習い事や運動、全てで言われることです。

筋肉や身体の使い方は、毎日しないと身に付かない、ということですね。
また、練習中に得たちょっとした「カン」は、ただの「カン」。それを忘れないうちに翌日に練習しないといけないのですが、数日経つと身体に沁み込まないまま、忘れてしまいます。頭でしっかり分かっていれば良いのですが、身体を使うスポーツや楽器練習は、頭だけでなく身体が覚える、ということもあるのです。

さらに。
悲しいですが、大人の場合は一度衰えると、復活させるのも大変なのです……。
そうならないように、できることはやっておきたいですよね!

 

指のコントロールを強化しよう!

ストレッチ

楽器の練習の要素は、いくつかあります。

息の吸い方、保ち方、コントロールなど、息に関すること

指のコントロール

構え方など、身体の使い方

フレージングなど、楽曲の勉強

今回はこの中の「指のコントロール」について、練習方法を紹介します。

フルートほど繊細な楽器になると、ちょっとした衰えが命取りになることがあります。毎日練習している人でも、もっと指のコントロールができるようになりたい、という人にオススメの練習方法です。

 

その名も「指ぱく運動」♪

OKマーク

  1. 指でOKマークを作ります。
  2. その人差し指と親指を、閉じたり開いたりします。

これだけです! とっても簡単ですね。
これを、親指&人差し指、親指&中指、親指&薬指、親指&小指、と全部の指でやります。もちろん右手も左手もです。

 

効果的に行うポイント4つ!

ポイント

パクパクするだけでも効果はありますが、同じ時間を使うなら、より成果を上げたいですね。
いくつかのポイントを書いてみます。できるところから、実践してみましょう。

手首や腕に力を入れないようにする。

手首や腕を動かさないようにする(パクパクの振動で多少は揺れますが)。

指に力を入れず、パクパクしたときに指同士が触れる程度にする。

10秒以上パクパクしても速度が乱れない、手首に力が入らないようにする。

4つめの「10秒以上」ですが、少しでも力が入ったと思ったら、たとえ2秒でも3秒でも、パクパクをやめてください。力が入ったときは、ゆっくりとパクパクさせて、手首に力が入らないのを確認してからスピードアップをします。手を痛めないようにするためと、変なクセが付かないようにするためです。

これ、大人の方は、暇さえあればパクパクしていると良いですよ。指のコントロール力がアップします!

この記事がお役に立ったら
いいね ! を何卒お願いします!

Twitter で