口の形を意識する女性

ぐっと巧くなる、「ブレス」で得する方法! 後編

知っていないと損をするテクニックを3ステップで紹介しています、「ぐっと巧くなる、「ブレス」で得する方法!

「前編」の続きです。前回は、吹き方とおなかの使い方について説明しました。
しっかり練習して、感覚がつかめてきているでしょうか?

前編はこちらから。
ぐっと巧くなる、「ブレス」で得する方法! 前編

ラストの3ステップめは、いよいよ実戦編です。

3.イメージトレーニング!

実践編なのに何故か、「イメージトレーニング」! えっ? と思いますよね。でもこれがすごく大事なのですよ。

演奏する時に必ず必要なブレス。長いフレーズを演奏するとき、息が長くもつ人のほうが有利ですが、息がもたない人も吸い方によっては、曲の雰囲気を壊さないばかりか、逆に、より感動的に演奏することが出来るのです!

例えば、次の楽譜を見てみましょう(グルック作曲「精霊の踊り」より抜粋)。

フルートと楽譜

音楽的な場所で吸う

上の楽譜で、「息が全然もたない初心者」がブレスするとき、どこでしたら良いか? を考えてください。
※休符のところでは、当然吸うこととします。

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・どうでしょうか?

フルートブレス

なぜここで吸うか? は長くなるので今は追及しません(汗)。
が、この場所で吸うと、不思議と音楽性が損なわれません。何回も吸っているのに。

このように、ブレスの場所は非常に重要なのです。

では次は、イメトレが生きてくる、最重要テクニックです!

 

「、」と「。」

 

恐らく初心者の方が上のブレス記号に沿って演奏するとき……

「ファ――――。」「ミファソファー。」「ミレレーーード―――。

と、頭の中でブツブツと文章を切るように演奏してしまうと思います。
ひらがなを習ったばかりの小学生が、「あおい。そら。しろい。くも。」と、ひとつひとつ区切って読んでいる様子に似ています。

慣れてくると、「青い、空。白い、雲。」と、「青い」と「空」が頭の中で繋がりますね。もっと慣れると、「青い空。白い雲。」さらに、「青い空、白い雲。」と、どんどん繋がっていきます。

この、意識が繋がっていることを大事にして欲しいのです。

頭の中では、「ファ――――ミファソファ――ミレレ―――ド――――、ラ――――シラ―――……」と、切れ目なく繋がっている。これがどのくらい繋がっているかで、ブレスの印象が全く違ってくるのです!
頭の中で音が鳴り続けている状態を作り、音が鳴っているけれどもブレスはする
自分で繋げているつもりでも、けっこう切ってしまっていることがあります。

 

これだけで演奏が良くなるなんて、ウソみたいな、ホントの話。
ぜひ、録音して、確かめてみてください!

この記事がお役に立ったら
いいね ! を何卒お願いします!

Twitter で