ピアノライフのピンチ(練習不足)を救うサバイバル術!

ピアノライフのピンチ(練習不足)を救うサバイバル術!

音楽は聴くのも楽しいですが、自分の好きな曲を自分の手で弾くのはまた格別楽しみです。しかし、ピアノを習い始めたのになかなか思うように練習する時間が取れない。なかなか曲が仕上がらない。こんな事では続けていけるかしらん・・・と悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。

もったいない!

ピアノはまとまった時間、練習しないと上達しないと思っていませんか?
いえいえ、そんなことはないですよ。
ちょっとした工夫次第で「すきま時間」も立派な練習時間になります。


まず1日のなかで、5分間見つけて下さい。

時計
朝起きて出かける前や夜お風呂に入る前などの5分間など、ちょっとスケジュールを見直してみましょう。きっと見つかりますよ。
5分間見つかったら、さあ楽譜を持ってピアノに座りましょう!

現在練習している曲から、ワンフレーズ選んで下さい。もちろん1小節でも2小節でも良いです。長くても4小節程度にしましょう。まず両手でゆーっくり何度か弾きます。なぜ片手より両手が先かと言うと、まずどんなハーモニーなのか、先に知っておいた方が時短になります。ですので、あまりリズムや指使いは気にしなくてもよいです。

片手の練習は丁寧に。

ピアノ片手

両手を2〜3回ひいたら、片手ずつの練習にとりかかりましょう。

片手の時もゆっくり弾きます。そしてこの時は是非リズムをカウントしながら、弾いて下さい。それから指使いを確認することも忘れずにしましょう。指使いによっては上手く弾けないフレーズも出てきますから、とても大切です。片手の練習の時こそ、正しいリズムと指使いを定着させる良い機会ですので、丁寧にしてみて下さい。

何度か右左、楽譜を見ながらゆっくり弾いたら、楽譜を見ないで弾いてみます。これで弾けたら片手の練習はおしまいです。

その後、もう一度両手でゆっくり弾いて間違えないで弾けたら、そのフレーズの練習はおしまいです。

次の日は、今日のフレーズを復習して、弾けていたら新しいワンフレーズに挑戦しましょう。弾けるフレーズを毎日貯金していく感じで増やして下さいね。どんどん増えてくるとワクワクしますよ!
そして休日には時間をとって、今までやったフレーズを繋げて音楽を楽しんで、弾いて下さい。

 

まとめ


ト音記号

意外と5分ってワンフレーズ修得するには十分な時間なんですよ。両手よりも片手ずつの練習に時間をかけて下さい。

♪ゆっくり
♪リズム
♪指使い

この3つの点に気を配って丁寧に弾いて下さい。「5分間だけ」と気軽にまずピアノの前に座ってみること、これがあなたのピアノライフを少しずつ変えていきますよ。

この記事がお役に立ったら
いいね ! を何卒お願いします!

Twitter で