サックスメンテナンスグッズ

サックスのメンテナンスグッズはこんな物が必要です

サックスには、つなぎ目にコルクが使われていて、他は金属や色んな素材でできています。なので、メンテナンスするのに、色々なグッズが必要になります。
今回はそんなサックスのメンテナンスグッズのご紹介です。最後までお見逃しなく。

サックスのパーツ別メンテナンス

サックスは、ほとんどが金属でできていますが、キーのところは貝でできていたり、つなぎ目はコルクでできていたり、色んな素材ごとにメンテナンスグッズが違います。
管の中もきちんと拭かなくてはいけないんです。なので、それぞれを磨くためのグッズが必要になってきます。
それをお教えいたしますね。

 

本体の金属用には

本体の外側、内側とありますから、それぞれきれいにしておきます。内側は特に水分を気にしなくてはなりません。外側は、ピカピカにしておきたいですね。そんな感じで、両方が同じではないので、まずは内側、そして外側のメンテナンスをお教えいたします。

サックスの内側

サックスって、ずっと使っていると、息で内側が湿ってきてしまいます。なので、そのままにしているといけないので、きれいに拭き取らなければなりません。そのために必要なのが、拭き取りのための紐のついた布です。
紐の先におもりが付いていて、スポッと一気に拭けてしまいます。これの名前はクリーニングスワプといいます。
サックスを購入する時には、必ず必要なものです。湿ったままでケースにしまうと、錆びてしまいますから…気を付けましょう。

サックスの外側

外側には、沢山のキーが付いていて、そのキーのタンポ(穴をふさぐところ)にも水分が付いてしまいますから、そこもきれいに拭きましょう。それには、クリーニングペーパーがいいので、準備しておきましょう。
そして、その部分にはパッドガードといって、キーのタンポ部分が傷まないで、くっつきあわないようにするグッズもあります。
外側の金属部分は、ラッカーポリッシュという液体と、ポリシングクロスという布できれいに磨き上げます。いつもピカピカがいいですね。
そして、隙間とかが沢山ありますが、そこはトーンホールクリーナーで細かいところを掃除します。

マウスの部分

マウスピースには、リガチャーとリードが付いていますが、それぞれきれいにしてからケースにしまいます。
マウスピースは、洗ってもいいのですが、水分が気になるので、マウスピースクリーナーで拭く方がいいでしょう。
リードも水分を拭いてからしまいます。リガチャーはマウスピースに付けておいた方が傷みません。

キーの部分

こちらは、いつも動かしていると、オイル切れでギシギシしたりしてきますから、あると便利なキーオイルでたまにお手入れしましょう。

 

コルクの部分

コルクの部分は、メンテナンスというより、いつも滑りが良い方がいいですから、コルクグロスがあるといいですよ。コルクの保護にもなります。

アートなサックス

最後にしまい方をどうぞ

メンテナンスグッズのご紹介をしましたが、メンテナンスのしかたもご紹介しておきます。これはすごく大事で、間違うと、サックスを傷めてしまいますので、気を付けましょう。

引用:YouTube サックス吹き方シリーズ-サックスの掃除編-

今回はこれまでです。See You Next Time.

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。