ギター初心者が1日で弾けるようになる!! ザワイルドワンズ/想い出の渚

ギター初心者が1日で弾けるようになる!︎ ザワイルドワンズ/想い出の渚

今回は1966年の大ヒット曲…ワイルドワンズの「想い出の渚」です!

所謂、グループサウンズです!当然、私は生まれて居ませんが、昔流行っていたナツメロ(死語?)TV番組で良く観てました。1966年ってビートルズが現存していたんですよ!今、改めて考えてみると、戦後20年しか経っていない日本でも電気を使った楽器を弾いている若者がたくさん存在していた…それだけでもミラクルだと思います!!当時の人々の復興への物凄いパワーを思うと感動というか、感謝というか・・・尊敬の念を改めて抱いてしまいます・・・そんな、力強い時代に生まれたポジティブなパワー満載な曲ですよ!!意外と弾き語りでも映える曲なので今回取り上げてみました!!

ギターの初心者や以前に挫折した方でも、工夫して練習すれば必ず1日で弾けるようになる!をテーマにしています。コードが上手く押さえられない、コードチェンジが上手く出来ない、押さえ方すら分からない…いやいや、必ず誰でも1日で弾けるようになりますよ!

ギターの初心者はこの8つのコードを覚えろ!!  1/2

ギターの初心者はこの8つのコードを覚えろ!!  2/2

ギター初心者が1日で弾けるようになる! 曲まとめ

ザワイルドワンズ/想い出の渚 コード参考動画

Aメロ・・・君をみつけた

C-Am-Dm-G7-C-Am-Dm-G7

このAメロ部分は共通です。とてもシンプルなPOPソングの代表的なコード進行です。ポイントはG7です。ここの7thの音は確実に鳴らしましょう!!問題なく弾けるのではないかと思いますよ!!

g-7
g-7

サビ①・・・微妙に違います

C-Am-Em-Dm-A7-G#-G7、G7

このサビにあたるパートは3回出てくるのですが、全部微妙に違います!!ここでのポイントはG#ですね!!G#の次がG7なのですが、この場合、3フレットのG7の方が押さえやすいです。臨機応変に対応するのが重要ですよ!!

g#
g#
g-7
g-7

サビ②・・・こちらが本サビ

C-Am-Em-Dm-A7-Dm-G7-C-Am-Dm-G7

「~もう帰らない、あの夏の日」の「あの夏の日」が青字の部分になります。微妙に違います!!緑字は短い間奏になります。ここから次のサビ③につながります。ここも難しいところは無いので問題なく弾けるのではと思います!!

サビ③・・・とにかく微妙に違います

C-Am-Em-Dm-A7-Dm-G7-C-Am-Dm-G7-C、Am-Dm-G7-CG#-C、C6

とにかく、微妙なのですが、大きな違いなのです!!青字のAmはつなぎのコードです。「あの夏の日」を2回繰り返して終わります。エンディングは緑字の部分になります。ラストのC6がイイ味出してますので確実に鳴らしましょう!!

c-6
c-6

まとめ

60年代のGSを代表する1曲です・・・当時のビデオを見るとメンバーのルックスもギターなどの楽器も時代を感じて面白いですよね!!何時の時代も若者のパワーは凄い!!皆さん、ぜひチャレンジしてみて下さいね!!

この記事がお役に立ったら
いいね ! を何卒お願いします!

Twitter で