%e3%82%b5%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%82%bf%e3%83%bc%e5%85%a5%e9%96%80%e3%80%80%e5%8a%b9%e6%9e%9c%e9%9f%b3%e3%81%ae%e4%bd%9c%e3%82%8a%e6%96%b9

サウンドクリエイター入門 効果音の作り方!

ドラマや映画、ゲームに至るまで必要不可欠な要素の一つがBGMと効果音です。特に効果音はリアルな音から非現実的な音まで様々あり、音一つとってもそのコンテンツの味を大きく左右してしまいます。そんな重要すぎる要素ではあるのに、作り方は意外と知られていません。そこで今回は、効果音の作り方をごくごく簡単に紹介したいと思います。

 既存素材を使う

これが一番簡単です。市販やレンタルでもいいので素材集のデータを拝借します。素材集というだけあって、データがそのまま効果音として使えます。素材集の最大のメリットはリアルな音が多いという点です。プロのサウンドクリエイターでも、ちょっとした環境音なら、素材集から流用することも多いようです。また、昨今はインターネット上でフリー素材を公開されている有難い方々もいらっしゃいます。フリー素材というだけあって、自由に使えるものなのですが、商用利用する場合には一応注意が必要です。※大体はWebページに注意書きがあると思います。

 

素材を重ねて新たな音にする

私はこの方法を一番使います。上記で紹介した素材集の音そのままではイメージと違ったり、意図した通りに聞こえてくれない場合があるからです。重ねる場合は、DAWのタイムライン上、同じ時間値の場所で複数の音を同時に鳴らします。音を重ねますから、当然ボリュームは倍倍になります(汗) ですので、全素材のボリュームを少しずつ下げる、またはメインではない音はがっつり下げる、などしてあげましょう。ここでポイントなのは、「低音を入れると驚くほど変わる」という点です。バスドラムの音とかでもよいので混ぜてあげると、ズシンを重みが加わります。

 

シンセサイザーを使う

素材に頼らずDAWのソフト上で作る方法です。難度は高めですが、ゼロから音を作るため太く目立ち、また機械的な音が作れます。ゲームなどでよく聞く、メニュー画面の決定音やキャンセル音、カーソルの移動音などはこの方法から作るとよいです。私が重宝しているのは、Native Instruments社から出ている「MASSIVE」です。こちらは同社のKOMPLETEシリーズの中にも含まれています。

MASSIVE

KOMPLETEシリーズについてはこちらの記事もご覧ください。

DTM制作現場のマストアイテム!最強オススメプラグイン3選!

 

以上が効果音を作るための基本的な方法です。もちろん、これ以外にも方法はありますが、効果音を作ってみたい!と興味を持ってくださる方がいらっしゃれば幸いです。ぜひ参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で