工藤静香/黄砂に吹かれて

ギター初心者が1日で弾けるようになる!︎ 工藤静香/黄砂に吹かれて

今回は1989年にリリースされて大ヒット…80年代を代表するアイドル・工藤静香さんの「黄砂に吹かれて」です!

私は同世代というか、多分同い年でして…周りのヤンキー系の女子の髪型が工藤静香カットだったのを微笑ましく見ていましたね!意外と美人が多かったのを覚えています…作曲は後藤次利さんで作詞はなんと中島みゆきさん!ご本人もセルフカバーされていたりします…で、今回演ってみるとマイナー進行のお手本のようなコード進行なので練習曲としても面白い楽曲だなぁと思い取り上げて見ました!

ギターの初心者や以前に挫折した方でも、練習すれば必ず1日で弾けるようになる!をテーマにしています。コードが上手く押さえられない、コードチェンジが上手く出来ない、押さえ方すら分からない…いやいや、必ず誰でも1日で弾けるようになりますよ!

ギターの初心者はこの8つのコードを覚えろ!!  1/2 

ギターの初心者はこの8つのコードを覚えろ!!  2/2 

ギター初心者が1日で弾けるようになる! 曲まとめ

工藤静香/黄砂に吹かれて コード参考動画

Aメロ…黄砂に吹かれて きこえる歌は…

Am7-B7-Em-G-D-G-Am7-Am7-Em-C-Dsus4-Em(C-D)

今でいう「ヴィジュアル系」の曲っぽいコード進行です。ポイントはDsus4-Emですね!普通のDでも良いのですが、sus4が入ると凝った感じになるので上手い人風に聴こえたりしますよ!

d-sus4
d-sus4

Bメロ…もう蜃気楼かもしれない …

Am-D-G-C-F#m7-5-B7-C-B-Em-G-D-C-D

ここはm7ではなくAmなのも変化があって面白いなぁと…ポイント①はF#m7-5ですね!ちょっと難しいので、押さえられなければF#m7でもOKかなぁとも思います…

f#-m7♭5
f#-m7♭5

ポイント②は、そのF#m7-5からのB7です…通常のローポジションのB7は下の画像ですが…

b-7
b-7

ここにコードチェンジ出来れば良いのですが2フレットのフォームの方が近いので、もし上のローポジションのB7が押さえ難い場合は2フレットのフォームを試してみて下さい…

b-7hi
b-7hi

サビ…あなたより やさしい男も…

Em-G-D-G-D-C-D-C-Bm-Am-B-B-Em

ポイント①は「〜砂の数 より いるのにね〜」に当たるD-C-D-C-D-C-Bm-Am-Bですね…意外とコードチェンジが忙しくて、歌詞に合わせようとすると上手く弾けないと思います。1拍ずつ機会的にコードチェンジするようにしましょう。緑字は「〜旅人」に当たり、Emを入れればエンディングで使えますよ!

まとめ

意外と弾き語りで演ると面白い楽曲ではないかと思います。おじさんがフルコーラス唄うのは厳しいと思いますので、ワンコーラスだけサラリと弾き語るのが良いのではないかなぁと思います。80年代後半のアイドルシーンを代表する1曲です…皆さん、ぜひチャレンジしてみて下さいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で