ずっと使えるロングトーン

ぐっと巧くなる、フルートのロングトーン徹底活用法! 後編

毎回のロングトーンを、ただの「音を出すウォーミングアップ」としてだけ使うのはもったいない。どうせ吹くなら音色を磨く時間にしよう!

ということで、前回の「ぐっと巧くなる、ロングトーン徹底活用法! 前編」 では、身体の使い方の工夫について書きました。今回は、少し高度ですが、更に目指していく方向を書いていきたいと思います。これはあなたがフルートを続けていく限り、ずっとテーマとなる内容ですので、今はあまり分からなくても、心掛けていてください。

ロングトーンの真髄!?

身体をフル活用する

前回の「ぐっと巧くなる、ロングトーン徹底活用法! 前編」 では、唇や口の中の状態の確認、そして、身体の力を抜くことを試してきました。自分の音を聴くために耳も使ってきましたが、さらにフル活用しましょう。

音ごとに吹き方が微妙に違う

声を出して、1オクターブ違う音を歌うとき。下の音から上の音へ移動する直前に、上の音の高さを想像すると思います。身体の使い方も少し違ってきますよね。

フルートを持った途端、これが出来なくなってしまいます。隣り合った音同士でも、指を替えたら音も変わるので、「自分の息を変える」ということに気付かないのです。

 

息のスピードを変える

水を出しているホースを思い浮かべてみてください。低音を鳴らすときは、ホースの口から出てくる水をそのまま流すイメージ。高音のときは、ホースの口を少しつまんで、水の勢いを増すイメージ。フルートで高音を出すには、息のスピードが必要だからです。同じ量の水が流れていてもホースの口をつまめば勢いが増すように、身体から出てくる息の量は同じでも、アパチュア(唇から空気を出す隙間)を狭めることで息のスピードが上がります。

この時、上唇を閉めてこずに、下唇を上げるようにして、アパチュアを狭めてみましょう。高音が出しやすくなります。口の中の広さは確保したままです。

 

離れた音同士から、近い音同士へ

この練習は、まず1オクターブ離れた音で試してみてください。例えば、ミの音など、自分が出しやすい音域が良いでしょう。

慣れたら、間隔を狭めていきます。「ミからオクターブ上のミ」と鳴らしていたら、「ミから上のレ」、次に、「ミから上のド」など。ただ出すだけでなく、両方とも美しい音色になるように、お腹の使い方、息の出し方などを探していきます。あなたの身体であなたの楽器を吹くのだから、いちばん実感できるのはあなたなのです!

 

身体に覚え込ませる

「あるひとつの音を美しく鳴らすために必要な身体の使い方」……これを全ての音で発見することは、とても時間と根気の必要な作業です。そこで、毎回ひとつずつでも良いので、ロングトーンの時間を使って、発見していきます。見つけた吹き方は、次にその音が出たときに再現できるように、練習します。これもロングトーンの時間に行います。

当然、スケール(音階)や曲の練習では、ロングトーンと違ってスピードが速いですので、ひとつひとつの音に気を付けて吹く暇はありません。

ですが、ロングトーンで確実に身体に覚え込ませることができたら、どんなに速い曲であっても、身体が勝手に反応してくれるようになり、自分でも良い音を出すコツが身についてきますので、修正が簡単になります。

 

なぜロングトーンの時に練習するのか?

音色に気を付ける練習を常にしていると、身も心も疲れてしまいます。フレーズを作る練習も、指を動かす練習もできなくなってしまいますね。なので、これはロングトーンという限られた時間にする練習なのです。この練習が好きになれば、もちろんこれだけやっていても構いません!

何度も書きますが、前回の「ぐっと巧くなる、ロングトーン徹底活用法! 前編」 と通して、すぐに身に付く内容ではありません。フルートを続けている限り、少しずつ身に付けていくべきこととして、覚えておいてください。

練習中、たとえひとつやふたつでも身に付けられれば、確実に音色が良くなりますよ!

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で