SONAR活用術!~ショートカットキーを使って作業効率をアップしよう!~

SONAR活用術!~ショートカットキーを使って作業効率をアップしよう!~

Windows専用DAWソフトである「SONAR」で、みなさんはどのように操作していますか?

マウスの操作ではいちいちカーソルを持って行ってクリックしなければならず、少し面倒ですよね。

そんなときは、キーボードのショートカットキーを使っていきましょう。

例えば、曲の再生や停止もボタンをマウスでクリックするのではなく、キーボードだけで簡単にできます。

今回は、キーボードのショートカットキーでよく使うものを紹介したいと思います。

ショートカットキーを見ていこう!

キーボード

再生・停止

作曲をしていて一番使うのは、「再生・停止」ボタンですよね。

このショートカットキーは、「Spaceキー」です。

これを押せば楽曲が再生され、再生中に押せば停止します。

コピー&ペースト

「Aメロの1番のベースと2番のベースは一緒にしたい」など、同じフレーズをコピーしたい時があります。

そうした時は、コピーしたいクリップを選択した状態で「Ctrl+C」でコピーされます。

その後、貼り付けたい場所にカーソルとトラックを合わせて「Ctrl+V」を押せば貼り付けられます。

これは複数選択でも可能ですし、クリップだけでなくMIDIで作ったフレーズなどもできます。

前の状態に戻す

録音をしている時にうまくできなくて、「これは一度消してもう一度録音したい」と思うこともあります。

このような「今やった動作を取り消してひとつ前の状態に戻す」ときに、いちいち「編集タブ」からクリックしていたら面倒です。

ひとつ前の状態に戻したい時は、「Ctrl+Z」を押しましょう。

もし3つ前の状態に戻したければ、「Ctrl+Z」を3回押せばよいのです。

あわせて覚えておきたいのは、「やり直し」です。

戻しすぎてしまった時、例えば、3回前の状態に戻したいのに「Ctrl+Z」を4回押してしまった時などには、焦らずに「Ctrl+Z+Shift」を押しましょう。

そうすると、「戻した状態」を「やり直し」することができ、上記の例では3回前の状態になるのです。

録音スタートする時

録音をする時に、マイクの前に立ったり、楽器を持った状態で、トラックの録音待機ボタンを押して、録音ボタンを押すという風にマウスを動かすのは不便です。

こうした時は、録音待機ボタンを先に押してから、「R」を押しましょう。

すると、録音が開始されます。

録音時は気持ちを冷静にさせたいところです。

準備ができたら「R」キーを押すだけで簡単に録音できるのはいいですね。


まとめ

今までマウスだけで操作していたという方には、ぜひ試していただきたいショートカットキーを紹介してみました。

この他にもショートカットキーはあります。

よく行う動作にショートカットキーがないか確かめてみてください。

ショートカットキーとマウス操作を上手に使うと作業効率がアップしますよ。

この記事がお役に立ったら
いいね ! を何卒お願いします!

Twitter で