SONAR活用術! ~テンプレートを作成しよう~

SONAR活用術!~テンプレートを作成しよう~

Windows専用DAWソフトである「SONAR」には、色々な機能がついています。

設定面においても、「こういう機能あったらな」と思うことがあると思います。

今回の記事では、毎回同じ設定をするのが面倒だなと思った時に便利な「テンプレート」という機能を紹介します。

テンプレートを作成し、保存しておけば、次回からはその設定を呼び起こせます。

毎回同じ設定をするのならば、テンプレートを作成しましょう。

いつも使う設定にする

まずは、新規プロジェクトを立ち上げて、普段よく使うものをいつも通りに設定します

筆者の場合は、トラックは何もいれず空の状態で、バストラックをマスタートラックのみにします。

そして、マスタートラックに「Boost11」を入れます。

「Boost11」はリミッターとして入れるため、ブーストは「0db」でoutputを「-0.5db」にします。

「-0.5db」にする理由は、マスタリング時に少し余裕を持たせておくためです。

 

この設定を筆者はいつも使います。

こうしたいつも使う設定を簡単に呼び起こせると良いですよね

なので、この状態で、テンプレートとして保存します。


テンプレートの保存方法

テンプレートとして保存するのは、簡単です。

「ファイル」から「名前を付けて保存」をクリックします。

 

ここで注意するのは、そのまま保存してはいけないということです。

そのままでは、いつも通りのプロジェクトファイルとして保存されてしまい、テンプレートとして保存されないのです

そこで、「ファイルの種類」のタブをクリックして、「Cakewalkテンプレート」にします

保存先もテンプレートが保存されているところに指定しないといけないので、「ファイルの種類」の下の「フォルダへ移動」のタブをクリックして「テンプレートファイル」とします。

そして「ファイル名」を自分でわかりやすい名前とし、「保存」をクリックして保存します。

筆者は「standard」という名前で保存しています。


保存できたかを確認する

最後にきちんと保存できているか、使用することができるかを確認します。

スタートスクリーンを出してみて、「テンプレート使用」を選択します。

すると、保存したテンプレートが出てきます(筆者の場合は「standard」というテンプレートです)。

 

テンプレートを選択すると保存した設定が出てくるはずです。

また、スタートスクリーンにおいて、テンプレートの左上に「☆」が出ていると思います。

これが青いマークになると、そのテンプレートが標準設定されているという意味となります。


まとめ

うまく設定できたでしょうか?

テンプレートを保存しておけば、毎回設定する手間が省けてすぐに作業に取り掛かれます。

作業効率のアップのためにも、テンプレートを活用しましょう。

この記事がお役に立ったら
いいね ! を何卒お願いします!

Twitter で