%e3%82%b7%e3%83%8d%e3%83%9e%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%81%ae%e6%b1%ba%e5%ae%9a%e7%89%88%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b0%e3%82%a4

シネマティックパーカッションの決定版プラグイン!「DAMAGE」

映画の予告や本編において、ドーンズーンなど、重低音の効いたリズムを一度は聴いたことがあると思います。映画などで使われる音源はいわゆるシネマティックと呼ばれ、映画・劇伴を含むジャンルの音楽で重宝されます。しかし、そもそもそんな音なんてどうやって出すの?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。そこで、今回はシネマティック・パーカッションの決定版「DAMAGE」をご紹介します。

DAMAGEを含むバンドル

Native Instruments社から出ているKOMPLETE ULTIMATEシリーズに含まれています。ここで注意です!含まれているのは、ULTIMATEの方であり、無印のKOMPLETEには含まれていません!!私は最初無印を購入したのですが、このプラグイン欲しさにULTIMATEを買い直したという経緯があります(汗) また、DAMEGE単体でも販売はしていますが、KOMPLETEに含まれるプラグインを個別に購入するよりもKOMPLETE / KOMPLETE ULTIMATEとしてバンドル版で購入した方が絶対お得です!KOMPLETEについては、こちらの記事もご覧ください。

DTM制作現場のマストアイテム!最強オススメプラグイン3選!

 

DAMEGEの使い方

DAMAGE

https://www.native-instruments.com/jp/products/komplete/cinematic/damage/ より

こちらがDAMEGEの操作画面です。調整できるパラメーターもいくつかありますが、ぶっちゃけ使いません。そして、使い方は至ってシンプルです。それは、ノートデータを引くだけ

はあっ!? と思ったそこのアナタ。いや、本当なんです。

テンポも自動で計算してくれるので、テンポをいくら変更してもデータはそのままでOKなのです!これだけで、ドンドン・チャカチャカ勝手に演奏してくれます(笑) 重ねての演奏もできるので、重ねれば重ねるほど、重厚感が出てきます。

 

作曲の仕方は人それぞれなのですが、中にはリズム帯から作るという方も多いようです。リズムを聴いてるとメロディが出てくるんだとか。DAMEGEはデータを引くだけで演奏してくれますので、いちいちデータを打ち込むことなく手軽にリズム帯を作れます。興味をお持ちいただけたら、ぜひチェックしてみてください!

この記事がお役に立ったら
いいね ! を何卒お願いします!

Twitter で