%e3%81%93%e3%82%8c%e3%81%95%e3%81%88%e8%ba%ab%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%91%e3%82%8c%e3%81%b0%e5%a4%a7%e4%b8%88%e5%a4%ab%ef%bc%81%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%ae%e5%ab%8c

これさえ身につければ大丈夫!クラリネットの嫌な指使い

クラリネットはほかの木管楽器と比べて、オクターブキーがない分、指使いが難しくなっています。また、音域による音色の差が激しく、小指が使うキーも多くなっています。そこで、今回は、あえてクラリネットの嫌な指使いを集めた楽譜をつくり、紹介します。この練習は、毎回の基礎練習のひとつにしてください。

◆音域によるムラをなくす練習

 

「ソ」「ラ」「シ」を制する者がクラリネットを制するといわれているくらい、この音域をムラなく吹くことは難しく、これを練習することはとても大切なことです。

この練習は決して速く吹く必要はありません。四分音符=60くらいでゆっくりとソラシ練習しましょう。その際、音がレガートにつながっていることをしっかり確認しながら練習しましょう。上の音が鳴りにくい場合は、上の音を基準にして、上の音がよくなる息遣いのまま、下の音を吹くイメージで吹きましょう

また、このような練習を曲中で吹く場合は、「ラ」の音は右手の指も押さえたまま吹くと思いますが、この練習ではあえて「ラ」の音は左手の人差し指のみで吹くようにしましょう。同時にたくさんの指を動かす練習をしておくと、後々楽になるからです。


◆小指のキーの練習

 

この練習は右と左の小指のキーをうまく使えるようにする練習です。

この練習では指がしっかりキーを押さえられているかを確認しましょう。また、小指が変に曲がっていたり、爪が白くなるほど力を入れていないかを確認しましょう。この練習は、ロングトーンの練習にもなります。音域が低いので練習の初めにゆっくりすると、管全体を響かせることができるので音出しに最適です。

ゆっくりに慣れてきたら、できるだけ速くきれいな指づかいで吹けるように、だんだん速くして練習しましょう。この楽譜のパターンだけなく、小指のキーの順番を変えて色々な練習をしrてみましょう。


◆指使いを考えて吹かなければいけない練習

 

この練習は、右手を使うか、左手を使うか、考えて吹かないと上手くいかない練習です。例えば、ド、シ、と続く場合、「ド」を左手で吹かなくては、次の「シ」を吹くことはできません。また、シ、レ#と続く場合、「シ」は左手から右手に素早く変えてから、次の「レ♯」を吹きます。このように、1つの音でも指を2つ使って音をつなげなければいけないことがあります

はじめはゆっくりで大丈夫です。自分でどの指を使うかを考えながら続きも練習しましょう。何パターンも考えることができます。これだけと決めずに、何種類かできるようにしておくと必ず役に立ちます!


 

◆まとめ

どうでしたか?すべての練習をスムーズに吹くことができそうでしょうか。たくさんの指使いの練習本はありますが、とりあえずこれを練習しておけば、色々な曲に応用することができます。ぜひ基礎練習の1つに入れてみてくださいね。

この記事がお役に立ったら
いいね ! を何卒お願いします!

Twitter で