クラリネットによく出る記号

クラリネットの楽譜によく出る記号や音符の意味 part2

第2回目の「楽譜に出る記号や音符の意味」です。今回は、ちょっと難しい記号の意味です。 結構な数がありますが、ちょっとずつこのページを見て覚えていただければ幸いです。 今回までは、よく目にする記号が中心となりますが、段々難しくなってきます。 その前に、ちょっとおさらいもしましょう。リラックスして見てくださいね。

前回のおさらいを交えて

  • ト音記号
  • 二分音符
  • リピート記号

この中で、解らない記号はありますでしょうか?もし、わからない記号がある場合には、PART1を振り返ってみましょう。
こちら→「クラリネットの楽譜によく出る記号や音符の意味 PART1」
どの記号もよく出てきますので、覚えましょうね。

今回の記号はこれです

この記号もよく見ると思います。表にして説明いたします。

コモン 4/4拍子と同じ コモン
フェルマータ 延長して フェルマータ
アクセント 強調して アクセント
ブレス ここで息つぎ ブレス記号
フォルテ 強く フォルテ
フォルテッシモ だいぶ強く フォルテッシモ
メゾフォルテ 少し強く メゾフォルテ
ピアノ よわく ピアノ
ピアニッシモ だいぶ弱く ピアニッシモ
メゾピアノ 少し弱く メゾピアノ

この記号も重要この記号たちも楽譜によく出てきます。意味を理解しておきましょう。

では、次はちょっと難しくなりますが、こちらは知っています?

 

ダ・カーポ 最初に戻る  ダ・カーポ
ダル・セーニョ セーニョに戻る  ダルセーニョ
コーダ トゥ・コーダからここに戻る  コーダ
トゥ・コーダ ダ・カーポorダルセーニョのあとでここに戻る  toコーダ
フィーネ ここで終わり  フィーネ
セーニョ ダルセーニョからここに戻る  セーニョ

と、また一段とややこしくなってきましたね。楽譜を見ながらの方が解り易いかもしれませんね。
ちょっと頭がこんがらがってしまうので、一息入れましょう。

おやつタイム

音楽用語の意味色々

楽譜に出てくる音楽用語は、ほとんどが略されていて、意味が不明なことが多く、調べるか先輩に聞くしかありませんね。
なので、クラリネットの楽譜に出てくる音楽用語を少し説明します。

  • div.=divis=分けて・分かれて
  • a2=a due=二つで
  • poco cresc.=段々強く
  • trio=三重奏(または中間)
  • grandioso=早大に

などなどがあります。辞書を二つ紹介します。それには、調べやすい様にアルファベットで検索できるシステムになっているようですから、ご紹介いたします。

音楽用語辞典一覧 引用:NCN MUSIC
http://www.ncnmusic.com/gakuten38.htm

一つの用語だけでなく、poco crescのように、二つの用語が連なっていることもありますので、調べる時にはそんな感じで調べてみると、見つかりますよ。
また、演奏の仕方の指示が略して書いてありますから、覚えられないなどの時には、楽譜に赤ペンなどで書き込むのも一手ですね。
私はそうしていましたよ。
では、今回はこれで、おしまいです。お疲れさまでしたー。

青い鳥と音楽

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。