初心者の壁を越えろ!Fコードを上手く押さえるコツ

初心者の壁を越えろ!Fコードを上手く押さえるコツ

みなさんこんにちは。

このページをご覧になっているということはFコードでつまづいているギター初心者の方かと思われます。

初心者にとってはギターのコードは覚えられないし押さえられないしで大変でしょう。

中でもFコードと言えば初心者の壁と言われるほど挫折する人が多いコードです。

今回はそんなFコードを上手く押さえるコツ、省略する方法を伝授いたします!

 

指の腹より横を使え!

おなか

まずみなさん、Fコードを押さえるときどのように押さえてますか?

ギュッと力を入れて一指し指の腹で押さえてませんか?

上手く押さえられないのは握力がないから…なんて思っていませんか?

そんなことはありません!

Fコードを上手く弾くにはちょっとコツがあるのです。

まずはこちらの画像を見てください。

指の腹

おそらく多くの方が「普通のFコードの押さえ方でしょ」と思うでしょう。

教本の図などを見ていると、ほとんどがこう押さえるのかなと思いますもんね。

それでは次にこちらの画像を見てください。

指の横

どうですか?違いがおわかりになるでしょうか。

下の画像では指のやや横部分を使って弦を押さえています。

この押さえ方だと力を加える角度の違いによって、非常に簡単に押さえることができます。

個人的な意見になってしまいますが、指の横を使った方が弦があまり食い込まず、痛みも少ない気がします。

この押さえ方ですとコードチェンジもスムーズに行きますので、曲が弾けるようになった!というのを顕著に実感できるかと思います。

指の腹でギュッと押さえるの痛いですもんね…。

 

省略コードの押さえ方

省略コードという言葉を聞いたことがありますか?

Fコードなどのバレーコードは押さえるのが難しく、手の小さな女性や子供には難しい部分があります。

そんな手の小さい人でも押さえられるように省略や、押さえ方を変えてあるコードのことです。

省略したり押さえ方変えて大丈夫なの?と思ったそこのアナタ。

要は同じ音がなれば何だっていいんです。

別に音楽の講師になるわけじゃないでしょうし、テキトーに手抜きできる場所は手抜きしましょう。

それではこちらの画僧を見てください。

省略コード

これはFコードを押さえているのですが、全然違うでしょう?

そもそも人差し指で全部押さえていません。

それでも音は同じなのです。

それでいいんですよ。

ただ、ネックを握りこんでしまうのでコードチェンジ時にはやや手間取ってしまうかもしれません。

これに関してはやりやすい方で構わないと思います。

自分にあった弾き方で弾いてくださいね。

 

おまけにもう一つ画像を見てください。

パワーコード

これはパワーコードと言って、5弦と6弦だけしか押さえていないコードです。

ルート音だけ鳴らしているコードですね。

ざっくり言ってしまうとロックなどでよく使われるスタイルです。

ルート音などはまた機会があれば詳しく説明したいと思います。

 

まとめ

いかがでしたか?

Fコードでつまづいているみなさんのお力になれたでしょうか。

あくまでもこの記事は参考程度ですので「指の腹の方が弾きやすいんだけど!」という方もいらっしゃるかと思います。

それはそれでいいと思います。

自分なりのスタイルでギターライフを楽しんでくださいね。

この記事がお役に立ったら
いいね ! を何卒お願いします!

Twitter で