LogicProXギター録音

Logic Pro Xでエレキギターのレコーディングマスターに!

皆さんこんにちは!

MacbookやMacbook Airなどをお持ちのあなた!是非DTMでの音楽制作を始めてみませんか?

今回は、人気のDTMソフト「Logic Pro X」を使ったエレキギターの録音を解説していきたいと思います!


ギターの接続設定をしよう

ギターをPCに接続し、録音できるようにするためには「インターフェース」をいう外部機材が必要になります

 

オーディオインターフェース

インターフェースの入力部分にギターを接続しておきましょう!

そして、Logic Pro Xの環境設定からオーディオインターフェースが選択されているか確認しましょう!

そして、メニューから「トラック->新規トラック->ギターベース」をクリックし、プロジェクトに追加します

LogicPro画面

そして「input」をインターフェースの入力値に合わせておきましょう。

設定方法についてはこちらを参考にしてみてくだい!


アンプを設定しよう

オーディオ録音の設定は完了しましたが、このままではエレキギターの素の音しか出ません。

そこで、ライブラリ(画面左部)からアンプを設定しましょう!

Logic Pro Xでは、様々なアンプシミュレーターが内蔵されており、クリーンな音から歪んだ音まで幅広く設定することができるのです。

LogicPro画面

写真のように、何十種類の音色の中からあなたのイメージに近いものを選択しましょう!

さらにLogic Pro Xには「Smart Control」という機能があります。

 

LogicPro画面 Smart Control

つまみのアイコンが目印のボタンをクリックすると、画面下部にアンプのつまみやスイッチの付いたコントローラーが出てきます。

これが「Smart Control」です!

わざわざ別の画面を開く手間をかけることなく簡単に、ボリューム、歪み、リバーブなどを調節できる便利な機能なのです!


エフェクターを設定しよう

アンプシミュレーターを設定すれば、録音する準備は完了です!

ですが、実際にはエフェクターをつないで音色に色付けをすることも多いですよね。

Logic Pro Xでは実際にエフェクターをつなぐ要領で、設定をすることができるのです!

LogicPro画面エフェクター

プロジェクト画面左部では、様々なエフェクトを追加できる枠があります。

水色の枠に”Amp”や”Channel EQ”など様々なエフェクトが追加されていますね!

その中に”PedalBoard“という文字が見えるでしょうか? クリックしてみましょう!

写真右のように、右側のエフェクター一覧からドラッグして左側に追加することで、使用するエフェクターをカスタマイズできます!

まさしくエフェクターボードですね!


録音しよう

さて、あなたの望むギターの音色が完成したところで、録音を始めていきましょう!

画面上部の赤丸ボタンが録音開始のスイッチです!

 


まとめ

今回は、DTMソフト「Logic Pro X」を使ったエレキギターの録音について解説しました。

ソフトには、エレキベース用のアンプシミュレーターも内蔵されていますので、同じ要領で音作りをすることができますよ!

実際に、アンプやエフェクターを購入するのは、大変コストもかかり、揃えるのにも時間がかかりますよね。

ですが、Logic Pro Xを使えばそのコスト無して質の高いギターやベースの音色を再現できるのです!

皆さんも是非この機会にDTMを始めてみましょう!

この記事がお役に立ったら
いいね ! を何卒お願いします!

Twitter で