ZILDJAN × SABIANシンバルメーカー比較まとめ

あなたはどっち派?Zildjan × SABIANシンバルメーカー比較まとめ

みなさんはシンバルをどのように選んでいますか?やはり、どのお店でも個体数が限られているので、店頭で比較しにくいのがシンバルですね。

今回はzildjan(ジルジャン)とSABIAN(セイビアン)の二大シンバルメーカーを比較して理解を深めようと思います。特に日本ではこの二大メーカーの勢力は非常に大きく、特徴をよく把握しておくとスキルアップに繋がります。

歴史の違い

シンバル

創立から350年以上経つジルジャンは、「時代のニーズに合わせてシンバルを作ってきた」メーカーです。1900年代まではクラシック音楽、戦後はジャズのニーズからシンバルを開発します。特にルイ・ベルソン、エルヴィン・ジョーンズなどの助言を受けて開発したシンバルは、「シンバルの王道サウンド」として認知されました。

一方セイビアンは、「ジルジャンに対抗すべく現れた革新的メーカー」です。1980年代にアヴェディス3世の息子、ロバートとアーマンドがジルジャンの権利を巡って対立。訴訟に敗北したロバートがSABIANを設立します。現在もジルジャンを「ライバル」とする意識は途絶えず、多くの革新的なシンバルを開発しています。

ラインナップ、音のキャラクター

複数シンバル

音のキャラクターは、セイビアンの方が厚めに作られることが多く、それが原因で「立ち上がりがよい」「音が良く伸びる」「硬い音がする」などと表現されることが多いです。

代表的なラインナップを紹介します。

メーカー ラインナップ 特徴 プレイヤー、ジャンル
ジルジャン ・Kファミリー

・Aファミリー

・S、Zファミリー

・Kファミリーは暖かなタッチ、サステイン

・Aファミリーは鋭い立ち上がり、素早い減衰

・S、Zファミリーは廉価シンバル

・スティーブガッド、デニスチェンバーズ、シェーンガラース、YOSHIKI、神保彰

・Kファミリーはジャズフュージョン系、Aファミリーはロック他。

セイビアン ・HHX、HH

・AAX、AA

・XSR、B8pro、B8x、SBR

・アーティストシグネイチャーシリーズ

・HHシリーズは職人がハンマリングしている。個体差が多少ある。速い立ち上がりと柔らかな減衰音

・AAシリーズはマシンハンマリング。ブライトな音色が特徴。

・その他は廉価シリーズ

・アーティストシグネイチャーシリーズが豊富

・デイヴウェックル、テリーボジオ、ジャックディジョネット、真矢

・ポップスロック他。ジャズ向けのシンバルは限られる。

最新モデルの違い

シンバル3

ジルジャンは、AE(アコースティックエレクトニック)シリーズに力を入れています。デジタル技術を使ったシンバルで、電子ドラムやトリガーの時代が到来することを予測した最新商品です。

gen16は、シンバルの鳴りを小音量に設計。その音をピックアップで増幅して出力する方式です。

一方セイビアンはCRESCENTシリーズやArtisan ELITEシリーズなどに力を入れています。セイビアンはこれまで、ジャズではあまり支持されていませんでした。小さなライブハウスでの音楽やジャズドラマーの台頭を予測して販売しています。より柔らかな音のするシリーズです。

 

まとめ

  • 歴史の長いジルジャン、革新的なスピードで人気を得たセイビアン
  • 幅広いジャンルで使われるジルジャン、ポップスやロックなどで好まれるセイビアン
  • 最新の技術を取り入れるジルジャン、アコースティック時代の到来を予想するセイビアン

これらを知っておくと、膨大なラインナップを目の前にしても混乱することも少ないと思います。ぜひ自分にぴったりな一枚を見つけてください。

この記事がお役に立ったら
いいね ! を何卒お願いします!

Twitter で