これはお薦め!18万円台で買える新型エレクトーン

これはお薦め!18万円台で買える新型エレクトーン

エレクトーン・ステージアシリーズの入門編ELS02Bが2016年5月に発売開始となります。

新しくエレクトーンを始める方への入門機種として、子供だけでなく大人向けにも開発されたこのエレクトーンを、一足お先にチェックしてみましょう。

ELS02Bとは~なんといっても低価格

ELS02Bはエレクトーンステージア02シリーズの「ベーシックモデル」という意味です。読み方は「イーエルエスゼロツービー」。これまで入門編としてはELS01B、通称「ステージアミニ」が販売されていましたが、その後継機種となります。

ステージアシリーズは通常60万円台から100万円台のお値段ですが、ベーシックモデルは破格の18万円(税抜き)。初めてのエレクトーンとしては、手の届きやすい価格設定です。この価格が最大の魅力でもあります。

旧機種との違い~ここが進化した!

概要はざっと以下のようになっています。

新型ELS02B(左)と旧型ELS01B(右)との比較 引用 ヤマハ株式会社
ELSo2B比較表
http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/keyboards/el-organs/electone/?selected=7623_613741_&mode=compare

 

 

旧型に比べると、シルバーからホワイトを基調にして、木目部分もブラウンから白木っぽい感じになり全体的にかわいらしいイメージです。小さくて見づらかったディスプレイも一回り以上大きくなってかなり見やすくなりました。文字は以前表示されなかった漢字にも対応し文字化けの心配もありません。

音色数も245音色から540音色!なんと倍以上の増加です。

大人の方にお勧めのポイント2つ

グーする女性

 

大人の方にとって旧型では物足りなかったのが、タッチでの表現力でした。ピアノのように鍵盤を弾く強さで音に強弱をつけるI.T(イニシャルタッチ)は以前から搭載されていましたが、上位機種にしかなかったA.T(アフタ-タッチ)がついに搭載されました。A.Tとは「鍵盤を押し込むことで音量や音質を変化させる」表現法です。そのA.Tができるようになることで、より表情豊かな演奏が可能になります。

もうひとつが録音機能の向上です。これは上位機種にもまだ搭載されていない新機能

エレクトーンの演奏をUSBフラッシュメモリに録音できるというのはこれまで通りです。しかし、これまではこの録音した演奏をPCなどで直接再生することは不可能で、いったんPCのソフトで加工する必要がありましたが、今回はその作業が不要となり、簡単にPCで再生CDの作成ができるようになります。ネットで自分の演奏を配信したい!という方も簡単にチャレンジできるようになりそうですね。

 

まとめ

ざっと見てもかなりの進化です。これで価格が18万円というのがやはり驚きですね。上位機種を買うにはハードルが高いという方も検討の余地ありだと思います。まずは実際に触って&弾いてみてはいかがでしょう。

この記事がお役に立ったら
いいね ! を何卒お願いします!

Twitter で