さとう宗幸/青葉城恋唄

ギター初心者が1日で弾けるようになる!︎ さとう宗幸/青葉城恋唄

今回は1978年にリリースされ大ヒット…TBS系ドラマ「2年B組仙八先生」の仙八先生こと、さとう宗幸さんの「青葉城恋唄」です!

近年は新幹線や高速道路やインターネットの発達で地方に住んでいても不自由も少なく、音楽活動をしていても、むしろ都市部よりも活動しやすかったり、世界に発信出来たりするなど便利な時代になりました。この「青葉城恋唄」はそんな地方発の元祖とも言える1曲ですね!当時はネットではなくFMだったようですが…さとう宗幸さんって私は「仙八先生」のイメージが強いのですが、シンガーとしても味のある方ですね!

ギターの初心者や以前に挫折した方でも、練習すれば必ず1日で弾けるようになる!をテーマにしています。コードが上手く押さえられない、コードチェンジが上手く出来ない、押さえ方すら分からない…いやいや、必ず誰でも1日で弾けるようになりますよ!

ギターの初心者はこの8つのコードを覚えろ!!  1/2 

ギターの初心者はこの8つのコードを覚えろ!!  2/2

ギター初心者が1日で弾けるようになる! 曲まとめ

さとう宗幸/青葉城恋唄 コード参考動画

Aメロ…広瀬川流れる岸辺 想い出は帰らず…

C-F-C-Dm7onG-G7-C-F-G7-C

ポイントは分数コードのDm7onGから青字のG7へのコードチェンジですね!G7は「早瀬踊る〜」に繋げるコードです…Dm7に薬指で6弦3フレットの音をプラスするだけなので、それほど難しくはありません…G7へのコードチェンジも意外と簡単に出来ますよ!コードフォームは下の画像を参考にしてみて下さいね!

d-m7ong
d-m7ong
g-7
g-7

あとは問題なく弾けるのではないかなぁと思います!

サビ…季節(とき)はめぐり、また春が来て…

C-F-G7-C-C-F-G7-C-F-Dm7onG-G7(C-F-G7-C)

基本的には同じコード進行です…青字のF-Dm7onG-G-G7は2番へのつなぎの間奏になります。イントロで使ってもOKですね!カッコ内はエンディングです。

ポイントはコードチェンジの際に半拍で2、3、4弦の開放弦を鳴らすことです…Gの音になるのですが(正確なコード名はGonD)、コレを上手く入れるとプロっぽく聴かせる事が出来ますよ!

g-ond
g-ond

慣れてくると意外と簡単に入れることができるようになると思います…頑張りましょう!

まとめ

シンプルなコード進行なので問題なく弾けるのではないかなぁと思います!私は仙台に行ったことがないのですが、今回弾いてみたら行きたくなってしまいましたね…これぞ「元祖・ご当地ソング」のパワーでしょう!最近謳われている「地方の時代」の先駆けとなる1曲です…皆さん、ぜひチャレンジしてみて下さいね!

この記事がお役に立ったら
いいね ! を何卒お願いします!

Twitter で