WINDOWS専用DAWソフト!その名も「SONAR」!

Windows専用DAWソフト!その名も「SONAR」!

DTMを始めたいけど、どのDAWソフトがいいか悩みますよね。

それぞれ特徴はあるものの、基本的にできることは同じようなものではあります。

あとは、操作性ですが、これは慣れもあるので、慣れてくればどのソフトでも使いにくいということはないと思います。

DTMを始めるにあたって、パソコンを買い替える方は少ないかと思います。

そこで、Windowsを使っている方にオススメなのが、「SONAR」というDAWソフトです。

SONARがどういったものなのか、説明していきます。

SONARの特徴

sonar

https://tascam.jp/jp/product/sonar/top

Windows専用であること

SONARは、Windows専用のDAWです。

他のソフトはWindowsでもMacでも使えるものがあります。

しかし、Windows専用ということは、Windowsの良さを存分に引き出して、使うことができるということです。

WindowsでもMacでも使えるということは、双方に共通した部分しか使えないというイメージです。

プラグインソフトが充実していること

cubaseなどの他のソフトと比べると、プラグインソフトが充実しています。

プラグインソフトというのは、楽器の音を出すソフトやエフェクト関係のソフトのことです。

楽器の音を出すソフトが多いということは、それだけ、色々な音が出せて、音の幅が広がります

また、最終の仕上げであるマスタリングという作業用のエフェクトも搭載しているため、SONARのみで充分音作りができます。


3種類のバージョン

sonar_platinumsonar_professionalsonar_artist

sonar_home-studio

https://tascam.jp/jp/product/sonar/spec より

 

現在、SONARには4種類のバージョンが存在します。

上位版から、「PLATINUM」「PROFESSIONAL」「ARTIST」「SONAR HOME STUDIO」です。

この種類の違いとしては、主に、機能の制約とプラグインソフトの数です。

上位版の方が多機能になっていて、プラグインソフトが多く入っています

SONARだけで完結させたいとか、色々な機能を使いたいというのであるならば、PLATINUMを選ぶと良いです。

プラグインソフトは、ギター専用やドラム専用、エフェクト系のバンドルなどもあるので、そういったものを導入するつもりで、SONARの中のプラグインはそんなにはいらないかなと思う方は、PROFESSIONALが良いと思います。

曲のデモ作りや、とりあえずDTMを始めてみたいという方は、ARTISTが良いですね。

下位版から上位版へのアップグレードもできるので、最初は様子を見てARTISTやPROFESSIONALにするのも手です。


まとめ

SONARについて述べてみましたが、いかがでしたでしょうか?

パソコンがWindowsならば、SONARを選ぶとそのパワーを発揮できます。

ちなみに、現在のSONARはWindows7以降で対応しています。

みなさんもSONARで楽しいDTMライフを送ってくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で